転職活動

今週末に、転職イベントがあります

 今週末の26日に、転職イベントがあります。

 エンジニア系インフルエンサー のとだこうきさんが主宰されています。

 どうしてもSNSはパブリックな場所なので、ポジショントークになってしまうので、よりポジショントークの少ない場所でお話を聞けるこの機会を生かしましょう。

 アルケミスタK

都内への交通費を節約する方法を紹介

都内に出向くには交通費もバカになりません

 先日、都内企業へ面接する際に金銭的負担を減らす方法について、記事を書きました。

 そのことで書き忘れていたことがありました。上京する時の交通費です。

 近郊ならそこまでじゃないかもしれませんが、九州や北海道など遠くから都内で転職活動するとなると、往復の交通費だけでもバカになりません

 そこで、今回は上京する時の交通費を少しでも抑える裏技などを紹介します。

(1)夜行バス

 安く上京するなら、真っ先に思いつく人も多いのではないでしょうか。例えば、モノを選べば東京→大阪間を片道3千円未満で行けます。

 高速バス路線を調べるなら、このサイトを見つけたので、シェアします。

高速バスドットコム

 ただし、安い高速バスにはそれ相応の理由があります。基本的には多少高くてもJRや鉄道会社系列のバスを使用することを勧めます。シートは4列だと狭いので、3列シートを選んだ方がいいでしょうね。

 それと、私自身が複数回夜行バスに乗った経験からいうと、座りっぱなしはかなり体にこたえます。できれば東京に着いたらすぐネカフェなどで仮眠したり、着いた日は1日オフにしたりした方がいいでしょう。

 喉も乾きますので、パーキングで休憩する時にはドリンクや飴、マスクなどを買っておきましょう。座りっぱなしの状態を防ぐ意味もあります。

(2)夜行列車

 現在ではかなり減ってきたんですが、住んでいる地域によっては移動手段として検討の価値があります。

 夜行列車の何がいいかというと、横になれることです。夜行バスだと座りっぱなしがきついと書きましたが、横になれるだけで全然違います。

 例えば高松→東京のサンライズ瀬戸だと、一番安いノビノビ座席だと新幹線より安く乗れます。もっとも、争奪戦必至なのでお早めに。

 また、東海地方在住なら、タイミングが合えば快速列車のムーンライトながらを使うことで青春18切符を使って格安で上京できます。特急券不要です。

 もっとも、ムーンライトながらは期間限定になったのと、快速列車で座りっぱなしになるので寝台特急と比べればきついですがね。

(3)新幹線

 新幹線を使う場合でも、金券ショップで安く購入するだけじゃなく、宿泊パックにして宿泊代とトータルで安く抑える裏技があります。

 日本旅行JR東海ツアーズなど、複数の会社が宿泊パックを取り扱っているので、トラベルコでも使って比較してみましょう。

(4)飛行機

 飛行機にも宿泊パックがあります。私が使ったことがあるのは楽天トラベルの宿泊パックです。

 それと、最近では全国各地にLCCが就航しています。主要な空港であれば成田空港か羽田空港直通の便はあるはずです。LCCを使うことで、飛行機代を節約できます。

 IBEXエアーラインSKYMARKJET STARSTARFLYER春秋航空ピーチアヴィエーションなど、様々ありますので、探していましょう。

 ただし、LCCは一般に荷物の重量制限が厳しく、荷物が多いと追加料金を取られたりします。そこを考慮しながら飛行機を選びましょう。

(5)自動車

 多分いないと思いますが、自動車で都内に出向くのであれば、駐車場代がバカになりません。普通に1日3千円以上とかしますからね。

 akippaという駐車場選びに有効なアプリを見つけたので、シェアします。これで少しでも安い駐車場を探しましょう。

 首都圏近郊に住まれていて、日帰りで受験できるのであれば、買い物をすれば何時間無料という駐車場もあるので、それを使ってもいいかもしれません。

 今日は以上です。少しでも役立つ情報でしたら幸いです。

アルケミスタK

都内企業と面接する時に、金銭的負担を減らすには?

地方から都内企業へ面接しに行くのは、お金がかかるんですorz

 これまで、このブログでは未経験者は最初は都内企業に転職することを推奨してきました。

 ただ、地方から都内企業を受験するために面接する時には、どうしてもお金がかかってしまいます

 1社しか受けずに合格することはほぼありませんので、実際には複数社受けることになります。

 その度に上京していては、金銭的に大変なことになりますよね。

 そこで今回は、前回の転職活動を踏まえて、どうやったら少しでも転職活動での金銭的な負担を抑えられるか考えましょう。

金銭的負担を減らして転職活動するには?3つ方法を紹介します

(1)Web面接可な会社を選ぶ

 私が前回転職活動した時には、最終面接以外はWeb面接可な会社を中心に受験しました。

 エージェントからは15社くらい求人をいただきまして、少なくとも半分は最終面接以外はWeb面接可でしたね。

 本当にこれは助かりました。冗談抜きでWeb面接可な会社が全然なかったら転職活動自体を断念していたかもしれません。

 やっぱり面接は数をこなした方がいいのは間違いないんですが、何度も上京していたら金銭的に大変なことになりますからね。

 しかも、Web面接可な会社の多くは夜面接がOKで、定時退社DAYの夜にWeb面接してしていただいたこともありました。

 こうすれば、有給を使わなくても面接を受けられますから、周りに怪しまれないという意味でもいいですよね。

(2)近くの支社で面接を受けられる会社を選ぶ

 都内に本社があるものの、別の地域に支社をもつ会社も少なくありません。

 私の場合は当時、西日本の田舎にいまして、上京する場合は日帰りが困難な場所に住んでいました。

 受験した会社の一つに、自動車で1時間程度の都市に支社があり、一次面接は支社で受験でき、最終面接は都内で受験の会社がありまして、その会社は支社で受けました。

 大きな会社だと、地方のほぼ全ての主要都市に支社がある会社も少なくありません。私の感覚では、エンジニア派遣会社にそういう会社が多い気がします。

 小さな会社でも、創業者の出身地だったり、IT企業誘致に力を入れている都市に支社を作ったりすることは少なくありません。

 その場合、支社でも最終面接以外受験可なケースはよくあるので、近場の支社で受験できないか確認してみましょう。

(3)最終面接は都内に宿泊してまとめて!

 やっぱり往復の交通費はバカにならないんですよね。

 私が前回転職活動した時には、2社都内の会社から最終面接まで進んだ時点で、新宿で格安の旅館を確保して1週間泊まりました

 職場には夏休みで帰省するということにしておきました。特段バレませんでしたよ。あ、でも一人だけ察していた人がいましたね。

 最終面接は宿泊する1週間のうちのどこかにしていただけるように、エージェントに調整していただきました。

 宿泊している間は、最終的な面接対策や企業研究、後はエージェントと会って最終的な打合せを行なっていました。

 前回の転職活動では格安の旅館を利用しましたが、ゲストハウスの方が安いかもしれませんね。

 今ネットで調べたら、1045円で都内ゲストハウスに泊まれたとありましたよ

 それから、地方在住者向けに住居を提供するサービスもあるので、これも安く転職活動したいなら検討の価値アリかもです。

 他にも格安で都内に滞在する裏技を見つけたら、随時シェアしていきますね

 では、おやすみなさい。

アルケミスタK

未経験者がプログラミングを学ぶなら最初はプログラミングスクールをお勧めします

 アルケミスタKです。初めての投稿です。今後ともよろしくお願いします。

 未経験者がエンジニアに転職する場合、会社が非常に重視することの一つが自走力です。わからないことを自分で調べて解決する力です。

 実際の仕事では、ググりながら仕事する場面も多数出てきます。プログラミングの世界は日進月歩で、現役のエンジニアですら日々学習は欠かせません。

 ということは、未経験からエンジニアに転職したいあなたも転職する前にプログラミングの学習は必須ということです。

 完全未経験であれば、まずはProgateドットインストールなどの安い学習サイトを使うことをお勧めします。

 ですが、未経験から本格的に転職に向けて学習したい場合、プログラミングスクールを活用することを勧めます。

 もちろん独学でプログラミングを学ぶことも可能ですし、受講料が高いことは分かります。

 ですが、プログラミングスクールを使うことにはそれだけのメリットがあります。この記事では2つ紹介します。

(1)学習効率が段違い

 確かにプログラミングスクールは高いですよね。プログラミングを学べる書籍やサイトは多数ありますから、そちらの方が安上がりです。

 ですが、未経験者が書籍やサイトだけで独学することは非常に効率が悪いことです。

 まず、プログラミングには独特の考え方があり、それを体系立ててどこから学べば効率的か未経験者が判断するのは困難です。

 それ以上に、プログラミングは「思った通りに動くものではなく、書いた通りに動く」もの。

 厄介なことに、スペルミスなど下らない理由でつまづいて全然進まなくなることは大して珍しくないのです。特に未経験者だとそういう部分になかなか自分では気づけないのです。

 そういう下らない理由でつまづいて、挫折してしまうのはもったいなくないですか?

 だからこそのプログラミングスクールなのです。

プログラミングスクールは、カリキュラムをスクールが用意してくれるので、体系立てて学習するハードルが大きく下がります。

 また、マンツーマンで指導してくれるスクールもたくさんありますから、そういうスクールを選べばつまづいた部分を先生が指摘してくれるので、学習が効率よく進むこと間違いなしです!

(2)転職活動をやりやすくなります

 最近、多くのプログラミングスクールではただ単にプログラミングを教えるだけでなく転職サポートを強化するようになっているんです

 私が数年前転職活動した時には、プログラミングスクールと提携している転職エージェントを紹介していただきました。

 転職エージェント経由で転職活動を行ったことで、非常にスムーズに転職活動を進めることができました。自前で転職サービスを展開している会社もありますよ。

 現状では、Web業界を目指すのであれば上京することがファーストチョイスです。東京以外だとハードルが相当高くなるので私は基本的に勧めません。

 そうなると、地方在住だと効率よく転職活動を進めることが都内通勤圏内にいる方と比べて一層重要になります。転職活動を行うために東京に出てくるだけで一苦労ですからね。

 その点、転職サポートが充実しているプログラミングスクールであれば、効率よく受験するための日程調整や、書類添削など、様々なサービスを受けられます。

 私の場合、ありがたかったのは最終面接以外Web面接可な会社を紹介いただいたことです。紹介いただいた求人のうち半数以上はWeb面接可でした。

 複数回上京して受験することは困難だったので、Web面接で会社の選択肢が大きく広がりました。大真面目に、Web面接可な求人がなかったら転職活動自体断念していたかもしれません。

 更に、メンターの先生から会社を紹介いただける場合もあります。実際、私もメンターの先生から必要だったら知り合いに会社を経営しているので話を聞いてみませんか?とオファーをいただいたことがあります。これも独学だとないことですよね。

 このように、プログラミングスクールには、安くないお金を払ってまで使用する価値のある魅力があると感じております。

 もっとも、プログラミングスクールは未経験から本格的に転職を目指そうという人にはオススメですが、そうじゃない場合はいくつか裏技がありますので、それはまたの機会にお話しします。

 では、これからどんどん役立つコンテンツを作っていきますのでお楽しみに!

アルケミスタK