2020年 1月 の投稿一覧

未経験者の採用は先行投資です

先行投資

 本日は、企業が未経験者を採用する理由をよく表したツイートを見つけたので紹介します。

 このドンゾコさん自身も未経験からエンジニアに転向された方で、影ながら応援してきました。

 ツイートに書いてあるとおり、先行投資のために未経験者を採用するのです。

 実のところ、企業側は経験者を雇った方が教育コストもかかりませんし、確実に戦力になることも見込めます。

 それでもあえて先行投資で未経験者を採用する会社は少なくありません。

 では、なぜ先行投資としてあえて未経験者を採用するのか?私は二つ理由があると考えています。

(1)あえて異分子を入れることで、組織を活性化させる

 同質な人材ばかり集めると、管理は楽でしょう。

 ただ、そのような均一な組織には致命的な欠点があります。それは、「もろい」ことです。

 具体的には、同質な人材ばかり集めた均一な組織だと、メンバーの考えも似たり寄ったりになってしまって、視野が狭くなりがちです。変化の早い昨今では、そのことは大きなマイナスに働きかねません。

 だからこそ、統制を取りつつあえて異分子を一定数入れて多様性を持たせることが有効です。

 未経験者も、その異分子としての働きが期待されているのです。

 それに、人材を育てる経験は、既存の社員、ひいては組織全体の成長に大きく繋がります。まともに人材を育てられる組織は、それだけ優れた組織と言えるのです。

(2)前職での経験を生かしてもらう

 特に自社開発企業ですと、前職がその会社の商品に大きく関わる業種、職種であるならば、間違いなく重宝されます。

 例えば、フィンテックの会社だったら、銀行や証券会社で実務経験がある人だったら多少技術力が低くても欲しがる会社はきっとあるでしょう。

 その場合、会社は金融業界での実務経験を評価しているのです。実際、地方銀行から楽天やLINEなど金融ビジネスも手掛けるIT企業に転職する若手職員は非常に多いと聞きます

 また、そうじゃなくても社会人経験があるだけで、多かれ少なかれビジネスマナーを学んでいるでしょうから、その点でも新卒より教育コストを抑えられる人材として期待されるのです。

 このように、企業側にも先行投資として未経験者を採用するメリットは少なからずあります。

 後は、将来大きなメリットをもたらしてくれる先行投資と判断してもらえるように、学習を進めて学習意欲や自走力などを示すのみですね!

アルケミスタK

コンピュータサイエンスを、邪道な入門書で学ぼう!

コンピュータサイエンス

 今まで散々プログラミングを勉強しておきながら、コンピュータサイエンスを学んできませんでした。

 そうはいっても、コンピュータサイエンスは基礎で、プログラミングよりコンピュータサイエンスを先に勉強しておいてよかったという人はちょくちょく見かけます。

 やっぱり基礎の部分なので学び直そうと思っていたら、面白いサイトを見つけました。

https://twitter.com/chibicode/status/1170855056549142528

 コンピュータサイエンスと魔法のYコンビネータということで、邪道なコンピュータサイエンス入門と謳っています。

 邪道というのは、どういうことかは、本編のお楽しみとして、なんか親しみやすそうなサイトです。

 ひとまずあまり肩肘はらずにやっていきますかね!

アルケミスタK

人は周りに影響を受けることを有効活用しましょう〜プライミング効果〜

影響力

 tech系youtuberのkentaさんが、また興味深い動画を出しました。

プライミング効果というのは、簡単に言えば周りの環境や自分の振る舞いによって、自分のマインドが変わってくるということです。私も語句は初めて聞きましたが、マインドが外部から影響を受けるのはなんかわかりますね。

 もちろん、自分自身に悪い影響を与える環境や振る舞いは自分のマインドにも悪影響を与えます。ただ、外部からいいマインドを刷り込むこともできるのです。

 具体的には、こういうマインドでありたいと考えているなら、すでにそういうマインドを持っていて実践できている人のコミュニティに入ったり、そのマインドをもてばこういう振る舞いをするという振る舞いをすればいいのです。

 私の場合は、すでにIT業界で活躍されている方々と積極的にリアルで会おうと心がけています。

 また、仕事で現場を疎かにした時期がありまして、その時にはまずは現場で草刈りや掃除をすることからはじめました。そうしてたら現場を大事にする意識づけができました。

  というわけで、こういうマインドでありたい、こういう自分でありたいと思ったなら、プライミング効果を上手く生かして、ありたい姿を実現させましょう。

アルケミスタK

成長が見込めるフィールドで戦うことが有利です

成長

 仕事を選ぶ時には、成長が見込めるフィールドで戦うことが有利です。

こんなツイートを見かけました。

 海外WEBマーケティングに限らず、成長産業の方が今後の伸び代に期待できるので、投資先として魅力なのは自明です。

 投資先として魅力ということは、ヒトやカネといったリソースが集まりやすいわけで、それだけビジネス的にも魅力なのです。

 ということで、仕事を選ぶ時には事業の成長性にも注目しましょう。事業自体に成長性があるフィールドで勝負した方が、どう考えても有利ですからね。

アルケミスタK

 

今週末に、転職イベントがあります

 今週末の26日に、転職イベントがあります。

 エンジニア系インフルエンサー のとだこうきさんが主宰されています。

 どうしてもSNSはパブリックな場所なので、ポジショントークになってしまうので、よりポジショントークの少ない場所でお話を聞けるこの機会を生かしましょう。

 アルケミスタK

学習にやる気が出ない時は、「仕事」と考えましょう

仕事

 みなさん、転職に向けて学習を勧められていることと思います。

 でも、どんなに楽しいことでも、やる気が出ないことってありますよね。そんな時には、あえて何も手をつけない、もしくはハードルを大きく下げてしまうことも有効です。

 でも、他に有効な方法があるかもしれないと考えました。それが「仕事」と捉えることです。

 そう考えたのは、このツイートを読んだのがきっかけです。

 やっぱり、仕事だと強制力が働くんですよね。やる気が起きなくても、「仕事」と言い聞かせて第一歩を踏み出すのです。

 第一歩を踏み出せばいつの間にかできていたということは普通にありますからね。

 まずは、やる気が出ない時には、「仕事」と思って第一歩を踏み出しましょう。

アルケミスタK

仕事がほしいあなた、飲み会に参加しないんですか?

飲み会

 エンジニアへの転向を目指すあなた、飲み会に参加していますか?

 会社の飲み会は嫌だ?これは私も大嫌いです。そんなことする暇があるなら転職に向けた準備をしています。

 ですが、エンジニア同士の飲み会には、時々参加することを強く勧めます。なぜなら、仕事に繋がる可能性が普通にあるからです。

 飲み会は、ちょっと砕けた雰囲気になれるので、堅苦しい話抜きで話しやすいですし、実際あわよくば仕事に繋げられないか?と考えて参加する人は少なからずいます。

 私が実際に見た例では、Railsで個人で受託開発している人が、仕事が増えてきたので外注したいと考えていました。

 飲み会でたまたま知り合った大学生が動画編集の仕事をしていて、vueを学習しているとわかり、彼をスカウトしていました。

 その大学生はRailsの経験はなかったものの、飲み込みが早くすぐに戦力になってくれそうだということでした。

 また、この前焼肉を食べに行きました。

 二人エンジニアにお声かけして、三人で食べに行きました。私は二人とも知っていましたが、二人は初対面でした。

 うち一人は大卒で、もう一人が高専から大学院に進んだ方でした。大卒の人はアプリ開発をしていたのですが、高専でどのような内容を学習しているのか聞いて、下手な大学生を雇うなら高専の学生に注目してもいいかもしれないと発見していました。

 このように、飲み会繋がりで、仕事に繋がるケースは少なからずあります。

 あなたも、ときには外部のエンジニアと飲み会で交流しましょう。楽しいだけではなく、きっと仕事に繋がるはずですよ。

アルケミスタK

Docker、AWS、kubernetesのいい学習方法を見つけました

インフラ

 まずは学習内容を絞っておいた方が良いので、いますぐは学習しませんが、今モダンな会社ではDocker、AWS、kubernetesの3つはかなり当たり前になりつつあります。

 その学習方法を紹介した動画を見つけました。

 3つを合計15時間で最低限学べる方法を紹介しています。

 紹介していますのは、クラウドインフラエンジニアyoutuberのくろかわこうへいさんです。

 私はまだまだそこまで行っていませんが、内定をとったらこの動画を思い出して学習しようと思います。

アルケミスタK

JavaScriptを学びたいは、JS-Pro.が良さそうです

JavaScript

 フロントエンドエンジニアであれば、もはや必須と言っても過言ではない技術がJavaScriptです。

 そのJavaScriptを学びたい人は要注目なサービスを見つけました。

https://js-pro.jp/

 JSーPro.です。実用レベルまでJavaScriptのスキルを磨けることをコンセプトにしたサービスで、現在無料公開中です!

開発されたのは、あつかんさんです。18年修士卒の社会人2年目で教材をリリースするとは恐るべしです。しかも休日に作業しているとは。

 こちら、2月上旬の正式リリーズまで無料公開しているとのことで、今のうちにお試しくださいませ!

 JavaScriptだけじゃなくて、vueなども学習できるので、フロントエンドのフレームワークの勉強をしたい人も要チェックですよ。

アルケミスタK