あなたはどのタイプのエンジニア?プログラマー?

 タイトルが分かりづらかったかもしれません。エンジニアorプログラマーのタイプ分けをした面白い記事を見つけたので、シェアします。

 もちろん職種によって向き不向きがあるんですが、役職や社風によっても向き不向きがあります。同じなら自分に向いているポジションを選択した方がいいのは明らかですよね?

 実際のところ、現職は完全に私にとって失敗でした。適性があまりになさすぎました。私にとっては悪い部分ばかり目立ち、強い部分は全く活かせない、そんな職場でした。

 せっかく転職したのに適性がないとわかってしまったら勿体無いので、この記事はまさに自分に向いているポジションを探すのに参考になるんじゃないかと思ってシェアしました。

 エンジニアを7タイプに分けて分類しています。

f:id:otihateten3510:20190923002155p:plain

(表はブログより引用)

 「組織・プロジェクト」vs「コード」、「何を作るか」vs「どう作るか」で、タイプ分けをしています。

 それぞれのタイプは、具体にはブログ記事をご覧いただきたいのですが、どういうタイプのエンジニアでどういう仕事内容、ポジションが向いているか説明されています。

 皆さんは、どのタイプでしょうか?

 私の場合は、なんとなく解決思考タイプな気がします。それも技術志向弱めの。

 最新の技術を追いかけることにあまり興味がないんですよね。もちろん最新の技術、トレンドを知ることは大事なことだと思いますが、あくまでも客が喜んでくれれば、問題を解決できればOKという気持ちが強いんですよ。

 かと言って、社会貢献にも特に興味はなくて、とりあえず目の前の客が喜んでくれればOK、それすらなくても自分の仕事を自画自賛できればOKなんです。

 とはいえ、これから経験を積んだり、Web業界で働き出したら気が変わるかもしれませんね。気が変わったらさっさとシフトできるように、フットワークの軽さは意識していこうと思います。

アルケミスタK

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA