2019年 11月 の投稿一覧

ちょっと勇気をもらえるツイートを見つけました

 未経験から転職するにあたって、心配事の一つは未経験可な求人が少ないことです。

 例えば、本日(11月30日)wantedlyで求人数を調べてみました。

 絞り込み条件は、「エンジニア」、「中途採用」、「Webエンジニア」で検索したら、7762件でした。

 でも、「未経験」と絞り込み条件を追加したら、2118件に。3分の1以下に減りました。

 未経験者だったら、こんな狭い枠を争奪しないといけないのか・・・・・。そう思いましたか?

 でも、そうは一概に言えないようです。こんなツイートを見つけました。

 そうなんです。本当は実務経験がなくてもいいから人材がほしいけど、「未経験可」と書くととんでもない人が来ることを恐れる企業が少なくないんですよ。

 「未経験可」と書いてあるとレベルが低いのか?とか、未経験者を集めないといけないぐらい人が集まらない魅力のない会社なのか?と邪推する人だっているでしょうからね(実際そういう会社も少なくないでしょうが・・・)。

 だからこそ、経験〜年以上という縛りをつけて足切りするのです。

 ただし、一つ注意しておかないといけないのは、「やる気がある、伸びそうなら」という条件があること。

 実務未経験でもとりたいと言っても、それらの要素を感じられない人はもちろんとってもらえないですからね。

 ポートフォリオや資格、学習ブログなど、「やる気がある、伸びそう」と思えるモノを示すことはいくらでもできます。まずはそれを進めましょう。

 では、私も学習を進めます。

アルケミスタK

次はデータベース周りを学習しようと思います

 

 言われてみると、データベース周りを勉強している人はあまり見かけないですよね。

 でも、Webサイトはデータを保存して取り出してナンボなサービスが多数あって、そのためにはデータベースを理解する必要があるんですね。

 今はドラクエゲームと人生逆転サロンの動画教材を進めているんで、次はデータベース周りを学習します。

 使うのはUdemyの動画です。

https://www.udemy.com/course/standard-sql-for-beginners/learn/lecture/9424616#content

 恐らく、実際の仕事内容を理解したら更にデータベース周りの必要性を理解できるので、ここらもやっていければなと。

https://www.udemy.com/course/ziibywyn/learn/lecture/9622608#content

今日は朝に投稿してみました。

アルケミスタK

(備忘録)リツイートされやすい時間帯

 今まで投稿時間を気にしていなかったんですが、このようなツイートを見つけました。

 って、昼に仕事なので、ほとんど投稿できないですね(泣)

 あえて言えば20時であれば仕事が早く終われば投稿できますので、これからは20時投稿を狙います。

 今日はちょっと趣向を変えた記事を書きました。

アルケミスタK

未経験からWebデザイナーを目指す人必見のサービスはこちら

 今日は、Webデザイナーを目指す人に紹介したいサービスを見つけてきました。

 それがこちら

 ベイジさんという下北沢のWeb制作会社謹製のテキストです。

 1ヶ月で即戦力クラスの知識が身につくということで、現場で早いうちに覚えておきたい知識を網羅しているとのことです。

 ドリルを作った意図を読んだんですが、なるほどと思ったのが、「会社にもメリットがある」ということ。

 ベイジの業務に最適化したドリルを作った方がより早く仕事の中で成果が出せる、だからこそドリルをあえて無料で公開しているんですね。

言わずもがな、初学者にとってもデザイナーになるにはどういう知識を学べばいいか一つの指針になりますし、デザイナーじゃなくてもちょっとデザインを知りたい人にも向いているんじゃないでしょうか?

 エンジニアの人と話していて、想像以上にWebデザイナーとエンジニアには大きな壁があると感じたんですよ。

 だからこそ、デザインの知識が少しでもあれば、エンジニアをやるにしても有利だと思うんですよね。単純に楽しそうなのもありますけどね。

では、おやすみなさい。

アルケミスタK

ターゲットは誰の幸せを願っているか考えましょう

テストライティングを提出しました

 先日獲得したテストライティングを書き上げて提出しました。

 記事を書いて提出する前に誤字脱字チェックしていたのですが、そこであることに気づいて書き直した部分がありました。

 今日は、そのことについてシェアします。

書き直した内容とは?

 書き直した内容に入る前に、記事の内容を簡単に紹介します。プログラミングについて解説する記事で、プログラミングを学ぶメリットなどを書きました。

 その中で、「プログラミングを使ったサービスを使いこなして豊かな人生を送りたいとは思いませんか?」と書いたんですよ。

 書いた時には特に何も感じなかったんですが、提出する前に誤字脱字チェックする時に、ふと思ったんですよね。

 「これ、誰に豊かな人生を送ってほしいと書くべきなんだ?」

 この記事でターゲットに設定したのはお子様をもつ保護者です。それも、それなりに教育熱心な家庭を想定しました。

 そう考えると、この記事で豊かな人生を送ってほしいと述べるべきは、「保護者」に対してではなく「お子様」に対してと思ったんです

 ですので、こう書き換えました。

 「お子様には、プログラミングを使ったサービスを使いこなして豊かな人生を送ってほしいとは思いませんか?」

 これで、「お子様」に対して「豊かな人生を送ってほしい」というメッセージがはっきり伝わるようになりました。

誰の幸せを願うべきか考える大切さ

 今回のテストライティングで一つ教訓になったのは、それですね。

 今までもターゲット設定は意識していたつもりです。

 しかし、そのターゲット自身のための記事を書くべきか、それともターゲットとは別の人のための記事を書くべきか(そしてその別の人とは誰か)は、そんなに意識できていなかったと感じます。

 ですが、それによって文章の書き方が変わるんですよね。

 これからは、「ターゲットが誰の幸せを願っているか」を意識しながらライティングしようと感じました。

 またライターとして成長できたと感じたできごとでした。

アルケミスタK

動画学習したいあなたに朗報!Udemyブラックフライデー割引セールは、11月29日まで!!

最近動画教材がいいなと思ってきています

 みなさんは、プログラミング学習でどういう教材を使われていますか?プログラミングスクールに通ったり、書籍を使用されている方も多いと思います。

 その中でも、最近私がいいなと思ってきているのが、動画教材です。私は人生逆転サロンでオリジナルの動画教材を使っています。

 動画教材には、1.自分の時間や場所で学習できる、2.目で見て耳で聞いて五感を使ってより理解しやすくなる、と言ったメリットを感じています。

 実際、twitterやブログでも、動画教材を勧めているエンジニアの方、プログラミングを学習されている方はたくさんいらっしゃいます。

 でも、有料の動画教材だと高い教材も少なくないんですよね。2万円以上の教材は普通にあります。

 せっかく面白そうな教材でも、高かったらなかなか手を出せないですよね

 そんなあなたに、今日は是非とも紹介したいことがありまして、この記事を書きました。是非ともお付き合いください!!

Udemyがブラックフライデー割引セール!

 こちらのツイートをご覧ください。当ブログでも何回か紹介しているkentaさんのツイートです。

 良質な動画教材に定評のあるUdemyさんが、Udemyブラックフライデーと題して、プログラミング講座が全部1,200円のセールを実施していますよ!

 昔は良質な教材が多いものの、英語教材が多くて日本語教材が少ないという話もありましたが、日本語教材も増えてきたようですね

 ラインアップを見てみたら、通常24,000円の動画も1,200円で買えますよ(!!)95%割引です。ありえないと思いませんか!?

 11月29日までですので、気になる教材があったらお早めに購入してください!

noteでオススメ教材が紹介されていました

 あんどうさんのnote記事を読ませていただきました。

11/29までプログラミング講座が全部1200円!Udemyセールおすすめコース一覧

 購入したら永遠に観れて、質問可能、30日間返金可能とは、至れりつくせりにも程がありますね。

 で、まあどの動画がいいかはnoteの記事を読んでいただくとして、私ならnoteで紹介されていたうちどれを特に購入したいか述べます。

 SQLとgit、後はLinuxですね。

 私はバックエンドを主戦場にしようと考えているので、フロントエンドは後回しにします。

 それと、DockerやAWSは余裕があったらやりたい気持ちはなくはないですが、データベース周りを使いこなして、gitでバージョン管理をできてからだと思うんですよね。

 まあでも、安いのでとりあえず購入してみてもいいかもですね。調子乗って何でもかんでも買わないようにね笑

では、お休みなさい。

アルケミスタK

ライター案件獲得しました。今回は初めての内容です

ライター案件をまた獲得できました!

 今回は子供向けサービスの記事作成で、ターゲットは子供の保護者です。

 子供向けサービスの記事を書くのは初めてで、もちろんターゲットが保護者というのも初めてです。

 保護者といっても、生活水準などを考慮してかなり具体的にターゲットを想定しないといけないですね。

 あまりプログラミングに詳しくない保護者を想定して作ろうと思います。

 プッシュする内容としては、やはり小学校でプログラミング必修化は外せないでしょう。

 それと、保護者がプログラミング教育に期待するものとして、「論理的思考力」があるので、ビッグデータやAIなどよりむしろ「論理的思考力」をプッシュした方がいい気がします。

 中学高校でもプログラミング教育が強化される、ビッグデータやAIといった内容は、今回はそこまでプッシュしなくていいかもなあ。

 なにせ文字数が少ないので、あまり何もかも詰め込めないのが難しいですね。

 そうこう書いていくうちに考えがだんだんまとまってきました。土日には提出できるように作成を進めます。

アルケミスタK

ゲーム感覚でRubyの基礎をマスターできる教材をご紹介!

 Web業界に転向するには、そのための学習をしないといけません。

 でも、「学習」すると考えると、何か構えてしまうもの。特に、エンジニアに転向するなら学習が必須なプログラミングは、とっつきにくくそうな気がする人も多いのではないでしょうか。

 せっかくなら、「遊び感覚」で楽しくプログラミングを学習できれば、とっつきやすくなるんじゃないでしょうか?

 そこで今日ご紹介するのは、ゲーム感覚でRubyを使ったロジックの組み立てができるようになる教材です。

 それがこちら。

ドラクエ風ゲームプログラムを作ってみよう!

 実はテレビゲームはあまりやってこなかったんですが、ドラクエは言わずもがなですよね。

 そのドラクエ風のゲームプログラムを作りながら、Rubyを使ったロジックの構築ができる代物です。

 作成者は、遅咲きプログラマーこと、かみざとよしとさん。

 

 よく言われているのが、RubyだったらRuby on Railsのようなフレームワークを使ってサイトを構築するものの、実際の仕事ではプログラミングでロジックの構築をするというのです。

 フレームワークだと、その裏側のロジックを理解しなくてもある程度見れるサイトを作れるんですが、実際働く場合にはロジックを理解して使いこなす必要があるとよく聞きます。

 あえてフレームワークを使わずにポートフォリオを作成することを勧める人さえいますからね。

 その点で、ゲームを作りながらロジックの構築を学習できるのは、面白そうですね。

 それと、この教材が出品されているtechpitさんも面白そうですね。プログラミング教材を作成して出品できるというのが。

 これも新たなサービスとして注目したいですね。

 では、おやすみなさい。

アルケミスタK

人生逆転サロンでgitのオンライン学習会に参加しました

 昨日、人生逆転サロンでオンライン学習会に参加してきました。

 人生逆転サロンでは毎週オンライン学習会を実施しています。今回はgitの学習を行いました。

 しかしzoomを初めて使いましたが、あんな機能を無料で使えるんですね。ちょっとしたWeb会議はこれで十分でしょう。 有料でテレビ会議システム導入しといて最先端とイキってるところって一体。

 Web面接も、Skypeやappear.inでの面接なら経験がありますが、zoomでの面接もあるかもしれませんからね。その練習にもなりますね。

 学習内容はgitやgithubの使い方で、最近触っていなかったのでいい復習になりました。

 講師を務めたかみざとさん曰く、未経験から転職して苦労したことの一つがgitによるチーム開発だったそうです。

 そうなんですよね。私が未経験から転職を目指すにあたって不安だったことの一つのがチーム開発経験が積めないことだったんですよ。

 実際の仕事では一人で全て開発するのは困難で、チームを組んで役割分担するのがほとんどです。未経験者は言わずもがな。

 今までその経験がなかったのが不安要素だったんですよね。

 それから、gitの使い方も、gitやgithubを使ってはいたもののあまりしっかり学んできませんでした。

 ですが、railsで受託開発されている方に聞いたら、「gitも使っていないWeb会社は選んではいけない」という話だったので、ここらでしっかり使えるようになっておきましょう。

 オンライン学習会でも紹介されていたサルでもわかるGit入門を参照してちょっとずつ理解を深めましょうかね。

https://backlog.com/ja/git-tutorial/

 今見たら書籍版もあるんですね。AMAZONのリンク下に貼っときます↓

 これら考えると、今のうちにチーム開発を経験できる人生逆転サロンに入ったのはやっぱり正解だった気がしています。

 後は、ググり方など課題解決力も身につけて欲しいということなので、学習会ではそこんところも盗んでいければなと。 

 それと、Gitを使ってRailsアプリをGithubにプッシュするという課題を出されたんですが、これは以前作ったRailsアプリを再びプッシュします。復習がてら。

 さ、午前中サボったので、午後がっつり勉強しますよ!

アルケミスタK

アプリ開発で転職したい人に紹介したい人にオススメしたいのは、こちら!

 今日は、アプリ開発で転職したい方にオススメしたい企画を紹介します。

それがこちら。

LINE BOT / iOS Android アプリ開発 \教わりたい人/ 募集 1-2名

 アプリ開発でサービスリリースまで面倒をみてくださるそうです。アプリ開発を学べる場所は多くないので貴重ですよね。

 ただ、正直このサービスをブログで紹介すべきかちょっと悩んだんですよね。何せ2つの点でハードルが高いんですよ。

(1)Ruby、node.js優遇であること。未経験者でも可ということですが、そもそもアプリ開発自体が教材が少ないので、完全未経験だと難しそうな気がします。

(2)目黒まで定期的に来れる人限定なこと。すると、関東近郊出ないと難しいでしょう。

 それでも、開発経験を積めるのは非常に貴重な経験なので、紹介したいと考えました。

 このツイートは10月のツイートですが、今月追加で1、2名募集するそうですよ。

 どこの世界でもそうだと思いますが、エンジニアの世界でも実務経験がすごく重要なんですよ。

 このブログをご覧いただきたいんですが、ほんのちょっとでも実務経験を積めるだけで全然企業の食いつきが違うんです。

 ただ単にポートフォリオを作成するだけなら、当たり前になりつつありますが、「開発経験」は重さが全く違いますからね。

 主宰しているのは、松田伸介さん。X-HACK代表取締役でして、アプリ開発とプログラミング教育事業を行われています。

 「世の中のプログラミング人口を増やしたい」という理念を掲げていますし、評判も良さそうです。

 都内で定期的に勉強会を開いていて、connpassで募集していますね。

 正直田舎在住者にはハードルが高いですが、本気でアプリ開発に挑戦したい人は、検討する価値があると思います。

 定員1、2名と少ないですし、12月も応募するかわからないので、本気なら今すぐ申し込みましょう。

 大切なことなので2回言いました。

 以上です。だいぶん寒くなってきました❄️

アルケミスタK