2019年 10月 の投稿一覧

英語がわかる人なら注目の学習サービスはこちら!

 フォロワーさんの投稿を読んでいたら、ちょっと気になるサービスを見つけたんですよ。

それがこちら。

freecodecamp

 読んでいただけるとわかるのですが、英語のサイトです。ですが、フォロワーさんいわくクオリティが高くて無料と大絶賛でした。

 そのフォロワーさんは事あるごとに、プログラミングを学習するなら英語教材の方がレベルが高くて分かりやすい教材が多いと言っていたんですよ。

 考えてみたら、どの言語も最後は公式ドキュメント英語ですもんね。コーディングだって結局英語ですから、その練習と考えればいいのかもしれません。

私も早速トップページを読んでみました。

 なんでも卒業生にはAppleやGoogleなど名だたる企業に就職した人もいるとか。

 これだけで期待値が高まりますね。

 qiitaにもfreecodecampを紹介した記事がありました

 そしてそして、コースを探してみるとJava tutorialもあるじゃないですか!gitやSQLなど周辺知識もこのサイトで学習できそうです。

 今はライターに専念しますが、Javaの勉強を再開する時には、これは覚えておく価値がありそうです。

以上、アルケミスタKでした。

アルケミスタK

テストライティング結果来ました

 メルマガのテストライティング結果が来ました。

 結果は合格でした!

 と言っても、1時間もせず合格通知が来たので、そこまでライティング内容は考慮されていないのかもしれませんね。

 次は、11月に入ってからWEB面談なので、急いて企業研究&履歴書作成を始めます。

 面談は前回転職活動して以来なので、対策はしっかり講じないとですね。

アルケミスタK

テストライティング送りました

 先ほどテストライティング送りました。

 分量が思ったより多くなって、指定された枚数ギリギリになってしまいましたね(汗)

 単なる書籍の売り込みじゃなくて、自分の体験談を交えて「生きた」メルマガを書くように心がけました。

 やっぱり、自分の体験談を織り交ぜると強いですね。説得力があります。

 後は結果待ちです。

 もう一つライター募集でテストライティング依頼が来ているので、それに挑戦です!

アルケミスタK

テストライティング

 一昨日テストライティング依頼があったとお話ししました。 

 自分のメルマガに紹介記事を書くと想定してライティングしてほしいというものです。

 メルマガ作成は初めてだったんですが、この記事をめっちゃ参考にしました。

 とりあえず、「なぜ」、「誰に」、「何を」を意識して書いてみました。

 あんまりがっつり本を紹介するというよりは、「この本を読んで、なるほどなあと思いました」という流れにして、自分のブログを役立ててほしいという話に繋げました。

 セールスライター のメンターにも意見をもらいつつ、ブラッシュアップして、今週末には提出します。

アルケミスタK

Wantedlyで返信来ました!

 昨日、Wantedlyで複数の会社にライター案件を応募しました。

うち1件から、レスポンスがありました!

内容は、社長の著書を読んで、自分のメルマガに紹介記事を書くと想定してライティングしてほしいというもの。

 メルマガ記事を書くというのは初めてですが、何事も経験です!結果を気にせず一生懸命書きます!!その結果次のステージに進めればなおいいですね。

 簡単ですが、今日のブログは以上です。

アルケミスタK

Wantedlyで副業案件に応募してみました

 ライターに専念すると書いたんですが、案件獲得をしてきませんでした。

 私の悪い癖で、本当に自分に務まるか考えてしまうと尻込みしてしまうんですよね。

 このままではいけないと思って、今日はライター案件をWantedlyで応募しました。

 Wantedlyは、未経験からエンジニアに転職したい人にオススメのメディアとしてよく紹介されます。

 でも、ライター案件も意外にあるんですね😲2019年10月19日時点で、「ライター 副業・契約・委託」で調べてみたら、724件ありました。

 その中で、セールスライター として活動できそうな案件を複数ピックアップして応募してみました。

 まずは応募したので、プロフィールのブラッシュアップなどを進めていきます。

 ライター案件は10本近く実績があるので、そこをアピールしていければなと。

 また動きがあったら随時お知らせしますね。

アルケミスタK

Javaエンジニア必見のサービスはこちらです

 私のブログでは、バックエンドエンジニアになる場合、Javaを最初の言語として選択することを推奨してきました。

 Javaは歴史があってなおかつ手堅い需要がある言語なのですが、今回はそんなJavaを使える会社に転職したい人にオススメしたいサービスを紹介します。

 それは、Javaキャリです。名前から明らかですが、Java案件に特化した転職サイトです。

 運営しているのは、システム開発支援を手がけるボンズテック社。システム開発を請け負ったクライアント企業より、「どうすればJavaエンジニアを採用できるか?」問い合わせが多数あり、それがきっかけで設立に至ったそうです。

 考えてみたら、IT企業専門の転職サイトはありましたが、特定のスキルに特化した転職サイトってなかったんですよね。しかも、転職活動する時は、スキルは絶対聞かれますもんね。

 その意味で画期的なサービスだと思います。しかもJavaは需要があって様々な分野で活用されていますから、手堅く人気が出そうなサービスな気がしますね。

 未経験者も経験豊富なエンジニアも対象にしているようなので、Javaを使って転職したい人は、是非とも使ってみてください!!

 

アルケミスタK

第一読者は自分

 現在ライターに専念しているのですが、ずっと心に留めておきたい記事がありますのでシェアします。

https://careerhack.en-japan.com/report/detail/1157

 コピーライターの阿部広太郎さんの記事なのですが、私は「第一読者は自分」という言葉がすごく印象に残りました。

 相手目線やSEO対策はもちろん大事で、これからの私はそこらを強化しないといけないと思っています。

 ですが、そればかり気にして、文章のテクニックばかり気にしていたら、生きた文章を書けるでしょうか?第一読者の自分の心を動かせるでしょうか?私はそうは思いません。

 もっと言えば、第一読者の自分の心すら動かせないのに、相手の心を動かせるとも思えないんですよね。多少テクニックがなくても、相手目線じゃなくても、やはり本当に感情を動かせるのは生きた文章ですよ。

 これからも、テクニックだけじゃなくて自分の感情を大切にして、生きた文章を書きながら役立つ情報を発信できればと思っています。

アルケミスタK

Web業界志望者必見のYoutubeチャンネルが誕生しました!!

 今日はみなさんに紹介したいYoutubeチャンネルがあります。


 「IT企業の現役人事「毛呂淳一朗」が語るエンジニア・プログラマー転職の裏側」、本日から配信開始のYoutubeチャンネルです。

 毛呂さんことモローさんは、私もtwitter上でフォローさせていただいていまして、リアルでお会いして色々お話しさせていただきました。

 アスペアさんというSES企業で現在人事をされている方でして、採用側の目線で有益で信頼に足る情報を下さる方です。

 そんなモローさんがYoutuberデビューされるということで、早速視聴しました!

 Ruby on Railsは初心者には向いていなくて、初学者はむしろJavaやPHP、特にPHPを選ぶべきと論じています。

 私の見解ですと、Ruby on Railsは、ちゃんと中身を理解していなくてもそれなりに見れるサイトが作れてしまうのが問題だと思っています。

 その点でいうとJavaが一番基本的なところを理解するのにいいのですが、如何せんちょっと初学者には難易度が高いんですよね。静的型付け言語ということもあってね

 私はJavaとRuby両方やったことがあるんですが、確かにサクッと書けるのはRubyの方でしたね。PHPはProgateでちょっとやった程度ですが、難易度はPHPとRubyはほぼ同じぐらいかなと。

 それと、フレームワークを使わずにPHPでポートフォリオを作ってみては?と提案されていましたが、これはRubyやJavaではダメなのでしょうか?と少し思いました。

 ただ私の予想なんですが、案件の絶対数がRubyでは少なすぎるのと、Javaはやや難易度が高いからPHPを推しているものの、フレームワークを使わずにポートフォリオを作る際にはRubyやJavaでもOKということなのかなと思いました。

 チャンネル全体については、あまり余計なエフェクトを使わずにトークしていくスタイルで当面いいように感じます。

 Web業界ですと、バックエンドエンジニア以外にもフロントエンドエンジニアとかWebマーケターとか様々な職種がありますし、自社開発やSES、大手からベンチャーまで様々な会社がありますから、そこらの違いも解説していただけると助かります。

 あ、後そのうち私が転職して売れっ子になったら私めへのインタビュー動画も(嘘)

 最後は自分の意見ばかりになりましたが、今後もモローさんの動画、楽しみにしています!!

アルケミスタK

今年中はライターに特化することにしました

 久しぶりの投稿です。休んでいましたが、今後ともよろしくお願いします。

 で、表題なんですが、今年中はライターに特化することにしました。プログラミングは当面休止します。

 理由は2つあります。

①モノを作るより情報発信に喜びや適性を見出したから

 今年初めから、twitterを1日1回に近いペースで更新してきました。このブログは8月から始めました。

 その間に、自分がシェアした情報に対してコメントしてくれたり、役立ててくれたりした時にすごく大きな喜びを感じたことに気づいたんです。

 また、複数回ライター案件を獲得した実績がありまして、いずれも依頼者から高い評価を得てきました。その案件だって、モノを作るより情報発信だったんですよね。

 そして、プログラミングに限らずモノを作ることと、情報発信してシェアすることと比較してどっちがより楽しいかこの1週間考えてみたら、情報発信だったんです。

 特に、私は言語優位なので、情報発信のためには動画やデザインではなくライティングが最適だと判断しました。

②色々なことに手を広げてとっちらかっていたから

 これ自分自身で言っておきながら実践できていなかったんですよね。示しがつかない・・・・・。

 元々エンジニアとして転職して、メインはエンジニア、サブでライターとして活動しようと思っていたんです。

 ただ、デザイナーなどにも興味があった上に、①で書いたみたいにむしろ情報発信に喜びを感じていたんです。

 結局何をやるか、何をウリにするか見えていなくてとっちらかっていたんですよね。

 ライターよりエンジニアをメインにしたかったのは、エンジニアの方が単価が高いからです。でも、そうじゃなくて何に喜びを見出すか考えたら、今はライターに専念しようと思ったんです。

 それに、私はシングルタスクが強くて、マルチタスクだともろい部分が出てきてしまうんですよ。その意味でも、今は手を広げずライターに専念しようと思ったんですよね。

 まあ、そうなるとブログのタイトルから見直さないといけないんですが、それはまたの機会に考えます。ちょっと1週間ブログを休んだ理由がタフすぎて、これ以上考える気力がありません。

アルケミスタK